ABOUT

Indie popwave band  based in Tokyo.
Vo.Gt.// Sleepingowl    Vo.Ba.// ササキクルミ
and support members.

Downtown Marketは東京を拠点活動するバンドで、日本の岩手県で生まれ育ったSleepingowlとササキクルミの二人組。
Sleepingowlは面白いスウェットを着て、優しさたっぷりの笑顔を見せるが、目の奥に鋭い感性を持っているように見える。
一方、シャイな笑顔を見せるササキクルミは自己表現の場としてファッションを愛している。

バンドは、2012年から二人がベースメンバーとして、様々なメンバーに支えもあり、活動している。
男と女ではあるが、二人は、恋人のように儚い関係ではない。
相手の涙や笑顔を、自分も感じたりするように、お互いを、お互いの体の一部のように思いあう。

そんな二人の関係性は、曲にも溢れ出す。
はっきりとした音ではなく、王道の音からズレることで醸し出される気持ち良さを大切にしている。
白か黒か、正義か悪か、男か女か。
その垣根を超えて、誰もが自由に”ズレ”ることに個性を見出している現代の世界と同じように、彼らを縛るものは何もない。
曲を聴けば、その奥に風景や瞬間に出会える。

それぞれの色が混ざりあい、融合する世界の中に没入していく感覚を覚える。
Sleepingowlのギターは、気づいたら鳴っていることを忘れてしまうほどメローに、曲の中に自然に溶け込み、全体を優しく支える。
ササキクルミのベースは、キャッチーであるが、自然なメロディ進行役を務めているように見える。
二人の混ざり合いは、満ち引きを繰り替えす波のようにお互いを尊重しあっているように思えた。

全曲の作詞作曲を手がけているSleepingowlの音楽のスタートは、原体験はWeezerの"My name is jonus”のライブ映像。
サビの直前にフェードバックしたギターが入ってきてときに鳥肌が立った経験が、このあとの彼の音楽制作に光を照らした。
それを取り巻く環境や音楽達に感覚を受け、The cribsに熱中し、Yo la tendoの乱暴さと優しさの対比にはまり、
Real EstateやHoopsの耳触りの良さを感覚して、日々感性が変わっていく。

バンドを結成してから、二人の周りは慌ただしく、たくさんのものを手放した分、そして新しく生まれ変わった。
重ねた時間と乗り越えた壁の分だけ、音楽も心地よく、より優しく、二人が魅せる色合いもだんだんと変化していった。

“音楽はコンテクスト”だと、彼らは話す。どのバンドも音楽だけを単体で発表しているわけではない。
生まれてからその瞬間までに見たり、聞いたりしたもののすべてに影響されている。
何かとそしてすべてと関わりながら、生まれる。

彼らに似ているバンドがあっても、どれだけに似ていても同じになることはない。
彼らもまたコンテクストの中で音楽を奏で、まるで血のように、受け継がれ、過去と繋がり、そして未来へと繋がっていく。

音楽は、人間が生きていくプロセスの中で、必ず必要なものではない。
本当は、なくても生きていける人生の余白。でも、音楽は、人生を、生活を、暮らしを、確実に素敵にしてくれる。
いわば人生のオプションである音楽を、彼らは作っている。

すべてはっきりと答えが出る人生は、少しつまらない。自分と他人、幸せと不幸せ、感情は単体では存在できない。
他の何かと必ず関わって生きていかなければいけない。
音楽のようにコンテクストの中で、生きていく。

他の色を受け入れるのは、とても大変だけれど、単色では少し寂しい、そして少し面倒臭くて、愛おしい。
何かと混ざり合い、関わり合いながら生きることは、とても暖かい憤りがある。

彼らは、UFOが落ちてくるような盛大なアクシデントや大きな感動よりも日常の”なんかいいな”を集めながら、
はっきりとしたわかりやすいものよりも、色を混ぜ合い、言い切れないような曖昧さを醸成していく。
Downtown Marketには、そういった誰かと共に生きるときの心地よい鬱陶しさや人間らしい感情の浮き沈みがある。

文: ハヤシユメノ

Booking & Management:

mail@downtownmarket.net